基礎知識・練習法

【ギター初心者向け】 簡単なギターソロの弾き方を紹介します!

  • カッコいいギターソロを弾きたいんだけど全くイメージがつかない・・・
  • 芸術的なセンスがある人しかできないんでしょ。自分はセンスがないから無理・・・
  • 楽譜通り弾いているんだとしたら覚えるの大変そう・・・仕組みどうなってるの!?

カッコいいギターソロに憧れてギターを始めようとしている方は多いと思います。
ただ「どうしてあんなにスラスラ弾けるのか全くイメージがつかない・・・」「センスのある上手い人しかできないので、自分には当分無理・・・」と思っている方も多いと思います。

ここではギターソロの簡単なフレーズをベースにギターソロの原理を説明していきます。

結論、ある程度の音楽理論+理論に基づいたアドリブから出来ているため、理論を理解すれば、初心者でもある程度のレベルまでは弾くことができるようになります。

ごく簡単なパターンをご紹介しますので、読んだ後には「これなら自分にもできそう!」と思ってもらえれば幸いです。是非最後までご覧いただければと思います。

ギターソロの仕組みはある程度の理屈(ロジック)でできている

ギターソロのイメージとして、
「芸術的なセンス抜群の人が、感性に任せて弾いている」(才能のある人しかできない)
または、
「元々楽譜があって、練習してその通りに弾いている」(ひたすら反復練習あるのみ)

のいずれかをイメージしている人は多いと思います。私もそうでした。ただ、アーティストのライブ映像等を見ると、CD音源とはちょっとずつアレンジを変えたギターソロを弾いている事が良くあると思います。
いつも不思議に思っていました。なぜ毎回毎回ちょっとずつ違うアレンジで弾けるのだろう・・・と。

昔のピアノ教室では、即興やソロ演奏などはもってのほかで、楽譜通りにひたすら反復練習を続け、楽譜に忠実に弾く事が良しとされていました。私もその教育下で育ったため、どうしても楽譜を求めてしまう気持ちは非常に分かります。

結論から言うと、ギターソロは感性でも丸暗記でもなく、一定の理屈(ロジック)を理解すればある程度は誰でも弾くことができます。最初から芸術的なセンス・感性等は全く必要ありません。

イメージとしては英会話に似ています。
英会話も簡単な単語やフレーズを覚えれば、日常会話を成立させることはそんなに難しい事ではありません。
ただ、ネイティブの言い回しやフレーズ、発音等にこだわると、かなりの努力が必要になるかと思います。
ギターソロも同様で、不協和音(伴奏に合わない不快な演奏)にならない程度のソロを弾くことは、一定のルールやフレーズを覚えれば簡単にできます。(人を惹きつける、インパクトのあるギターソロ・イントロなどを編み出そうと思うと、そこからは相応の努力とセンスの世界になりますが)

これから一つの簡単なフレーズを紹介しますので、ギターソロのイメージを掴んでいただきたいと思います。

カンタンなギターソロのフレーズを一つ紹介します

下記図をご覧ください。こちら2つの弦だけを活用したフレーズになります。
番号は押さえる順番です。
指は①人差し指 ②薬指 ③人差し指 ④薬指 でよいと思います。

ちなみに音は下記のようになります。

慣れてきたら降りてくるパターンもやってみましょう。
①は薬指でそのまま②へスライド、③は人差し指、④は薬指、が比較的やりやすいと思います。

上記の両方を続けたイメージの音は下記のようになります。出てくる音が少ないので、そんなに難しくないと思います。

伴奏に合わせてソロを弾いてみましょう

それでは下記YouTube画像を元に、先ほどご説明のソロを弾いてみましょう。できるだけリズムに合わせてこの4つの音を鳴らしてみてください。慣れてきたら4つの音の順番にこだわらず自由に鳴らしてみましょう。

いかがでしたでしょうか?
超絶カッコいいソロ、ではないかもしれませんが、少なくとも伴奏と音が調和してますよね?
これがギターソロのイメージです。

Key=A とありますが、「キー」という音階が「A」の曲の場合はここを押さえれば大丈夫、という「決まり事」があると思ってください。
※「キー」については別記事での説明を予定していますが、今は曲ごとに「キー」がAとかEとかGなどに決まっているものとご理解いただければと思います。
ですので、キーがAではない曲の場合は先ほどのフレーズを弾いても調和しませんのでお気を付けください。

私は最初にこれを弾いた時、ギターソロの入り口に立った自分を発見して超感動しました!!
こういったフレーズがたくさんあって、最初はそれをある程度覚えてアレンジしながら対応する、というイメージだと思ってください。
先ほどの英会話の例だと、日常会話に必要な店員さんとのやり取りとか、ホテルでのやり取りなどのフレーズを覚えるようなイメージですね。
ギターではそのフレーズを「スケール」と呼んでいます。

最もメジャーなペンタトニックスケールとは?

最後に最もメジャーなスケールである「ペンタトニックスケール」を紹介いたします。

こちら図の通りのフレットであればどこでも押さえて大丈夫です。
先ほどのバッキング動画に合わせてとりあえず適当に弾いてみましょう。
カッコいいソロ、ではないかもしれませんが、バッキングと調和した音が出ると思います。

これでギターソロの入口に立った事になりますので、ここからはスケールを活用したフレーズをどんどん覚えていけば、カッコいいソロが弾けるようになります。まずはギターソロの入り口のイメージをつかんで頂ければ嬉しいですので、これをきっかけにしてもらえれば幸いです。

最後に、英会話教室同様、色々なギターソロのフレーズを覚えるには、YouTube等でも色々な方が解説されていますが、やはりギター教室に通って、その曲に合うフレーズを教えてもらう事が非常に効果的です。独学でも出来ない事はないですが、音楽理論に踏み込む必要があり、最初は結構難しいと思いますので、ギターソロを自由に弾きたい人は選択肢の一つとしておすすめします。

徹底比較! 大手ギター教室のおすすめ6選を紹介!【東京・全国】大手ギター教室を徹底比較! おすすめの6教室に絞り、費用やレッスン内容などの概略を、皆さんが選びやすいように整理しています。 ...
【ギター初心者向け】パワーコードを使った簡単演奏法!ギター初心者向けに、パワーコードを使用した簡単な演奏方法を解説します。基本ABCDEFGの7つの押さえ方を覚えるだけで演奏できる簡単な演奏方法です。...